• miku

【HI,I AM...】Jus Be Yourself



私は自分自身のことを人に話すのが苦手だ。



苦手というよりもまだ私が私のことを理解できていないから話せないのかもしれない。



私はたぶん同性愛者だ。ここに“たぶん”をつけたのには意味があって、生物学的に私は女性で、21年間女性として生きてきた。


女性として生きてきたけどそれ以外の生き方を知らなかったから。


私は女性として生きてく中でしっくりこないことがあったけど、男性なのかと言われるとそれもしっくりこなかった。


ジェンダーを独学で学んでいく中で“ノンバイナリー”というのを知ったが、それでもまだしっくりこなかった。



私は女なのか男なのかどちらでもないのかそれすらわからない自分に悩んでいたとき、


友人が、「あなたはあなた何だからそれでいいじゃん」と言ってくれた。



ありのままの私を受け入れてくれたこの言葉が私の悩みを全て吹き飛ばしてくれたような気がする。




ここでこの事を書くことによって家族や友人に読まれてどう思われるかとか考えると胃が痛くて夜も眠れないけど「これが私だから‼︎」ありのままの私を受け入れてほしい。




Amazon Prime に 「This is me 〜ありのままの私〜」というドキュメンタリーがある。


1話5分程度の短編5本シリーズで、ぜひみんなに見てもらいたい。



私が1番共感できたのは3話のトイレのこと。



公衆トイレだと女子トイレを使うけど、メンズファッションが好きで髪は短く、男っぽい見た目の私は、ひとりでトイレに行くと二度見されたり怒鳴られたりすることがよくある。



1番きつかったのは、デパートのトイレで警備員を呼ばれかけたこと。おばあちゃんがトイレに入ってきて私を見るなり怒鳴り散らしてど突かれて、「警備員を呼んで」と。私はその場から逃げることしかできなかった。トイレには他にも何人かいたけどみんな見て見ぬふり。



その日を境にひとりで公衆トイレを使うことはほとんどなくなった。使うにしても車椅子トイレか男女兼用のコンビニトイレ。



正直公衆トイレを使うことが1番恐怖かもしれない。




トイレの話を長々ごめんなさい😅





話は飛びますが、そんな私を勇気づけてくれる最強ソングがあるんです🤘🏽



My Princess👸

Taylor Swift “ A Place in This World "



自分の居場所を探している女の子の歌なんだけど、、私はこの曲を聴くと力が湧いてくるの🔥


ぜひ聴いてみて♪




最初に言ったように私は自分自身のことを話すのが苦手だけど、 SELFISH CLUB という素晴らしいチームに入れていただいたからにはどんどんオープンに私のことをさらけ出して発信していきたい✨✨✨




応援よろしくお願いします🥺





miku



0件のコメント

最新記事

すべて表示